1

Linux環境で日本語を入力できない

ubuntu 14.04 にChoregraphe 2.3.1 をインストールし起動したのですが、Choregrapheアプリケーション内で日本語を入力できない状況です。

環境

OS: ubuntu 14.04 LTS 64bit (VMware 仮想マシン)

IM: fcitx

IME: mozc

Choregraphe: 2.3.1 Linux 64bit

他のアプリケーションだと、半角/全角キーを押すことで日本語入力モードに切り替わり日本語を入力できます。(gnome-terminalやChromeブラウザなど) しかしChoregraphe内ではキー入力可能な箇所でも日本語入力モードに切り替わりません。

そもそもLinux版 Choregraphe 2.3.1は日本語入力に対応していますでしょうか? 対応しているとすれば、推奨IM, IMEはございますでしょうか? (IMは ibus, um, fcitx などいくつか種類があります。また、IMEも anthy, mozc など複数あります。)

回答

自己解決しました。

Linux版Choregraphe 2.3.1は日本語入力に対応しています。標準でIMにibusを想定しているようです。 ただしIMにfcitxを使う場合は下記二つの準備が必要です。

1) Qt5.4環境でビルドしたfcitx-qt5プラグイン(共有ライブラリ)をChoregrapheのpluginディレクトリに保存する

2) 環境変数 QT_IM_MODULE=fcitx を設定する

具体的には、こちら linux で qt5 開発時に fcitx でも日本語入力 からlibfcitxplatforminputcontextplugin_qt5-4.so をダウンロードしたのちコピーします

$ sudo cp libfcitxplatforminputcontextplugin_qt5-4.so /opt/Aldebaran/Choregraphe\ Suite\ 2.3/plugins/platforminputcontexts/
$ sudo chmod 755 /opt/Aldebaran/Choregraphe\ Suite\ 2.3/plugins/platforminputcontexts/libfcitxplatforminputcontextplugin_qt5-4.so

次に環境変数を設定(~/.bashrc に書いておくとよい) $ export QT_IM_MODULE=fcitx

ターミナルからChoregrapheを起動 $ /opt/Aldebaran/Choregraphe\ Suite\ 2.3/bin/choregraphe_launcher

これで半角/全角キー押下をトリガにmozcが起動し日本語入力できるようになりました。

UnityのDashからChoregrapheのアイコンをクリックして起動する場合は下記設定が必要です。 Choregraphe起動設定ファイルのExec行に環境変数設定を追加します。

$ sudo vim /usr/share/applications/Choregraphe\ 2.3.1.desktop
Exec=env QT_IM_MODULE=fcitx "/opt/Aldebaran/Choregraphe\ Suite\ 2.3/bin/choregraphe_launcher"

fcitx-frontend-qt5 パッケージ(0.1.1-3ubuntu2)に含まれる下記プラグインファイルをコピーして使うとChoregraptheが起動途中で異常終了しました。ご注意ください。

/usr/lib/x86_64-linux-gnu/qt5/plugins/platforminputcontexts/libfcitxplatforminputcontextplugin.so
トップに戻る